もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

フラれた理由を過剰に聞くのはNG

スポンサーリンク

女性にフラれた時にやってはいけないことのひとつに、フラれた理由を聞くことがあります。
軽く聞くのはいいでしょう。
『何がダメだった?』と優しい口調で質問するのは、特に問題がないと思います。
しかし、何度もしつこく聞くのは絶対にやってはいけません。
付き合えない理由を一度聞いて、その時に女性から明確な回答が得られなかったとしても再び同じ質問はしないようにしてくださいね。


好きではない、お付き合いできない理由を女性側は敢えて言いたくない場合もあります。
それを察することが出来るのが、大人の男性というものですから、納得がいかなかったとしても潔く身を引くようにしましょう。

 

告白して時間が経ってから聞くのもあまりいいとは言えません。
男性はこういったことはハッキリしたい人が多いですからね。
フラれただけでは納得がいかず、その理由を明確に聞き出したいと思う人が多いですが、女性が口を濁しているのであれば、時間が経過していたとしても質問攻めで女性を困らせない方がいいでしょう。

スポンサーリンク

今後連絡を全く取ってもらえなくなってしまう可能性も出てきます。
何年も経った後で笑い話のように聞くのはいいかもしれません。
既に両者にとって良い思い出となっていれば、女性も素直に答えてくれるでしょう。
たいした理由ではなかったりもしますが、告白を受けた時には意外と言いにくかったりもします。
そういったことも含めて考えてあげられるような男性になれる努力をしなければなりません。


フラれた理由を言いたがらない女性の中には、男性を傷つけないように気を遣ってくれている場合が多々あります。
にも関わらず、その理由をしつこく聞くのは愚の骨頂です。
デリカシーのない男性になってしまうので気を付けてくださいね。
告白後、フラれた場合は余計な事は言わずに女性と接する。
これが最も格好良いですね。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加