もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

大勢がいる場所での告白は避ける

スポンサーリンク

男性本位の告白は避けなければなりません。
夢見がちな男性がよくやってしまうのは、大勢の人がいる場所での告白です。
きっと告白を多くの人に見せ、同時に勇気のあるところも見せたいと考えるのでしょう。
しかし、これは男性側の完全なエゴでしかありません。


告白をされる女性からすると、他の人に告白されているところを見られているわけですから、これ以上恥ずかしいこともないと言えるでしょう。
告白は誰かに見せるものではなく、相手の女性にさえ気持ちが伝わればいいものですし、恐らくほとんどの女性もそれを望んでいます。
公開告白をするようなイベントでの告白であれば、また話は変わってきますが、プライベートの時間を使って、公開告白のようなシチュエーションを作ることはやめた方がいいです。

スポンサーリンク

公開告白のような形ではなくても、例えば人混みの中で告白をするのも避けたいですよね。
二人の世界に浸るのは、あくまでも周りに人がいない時にするべきであり、近くに人がおり、二人の会話を聞くのに十分な距離の場合は告白をしないようにしましょう。


告白は男性が思いを女性に伝え、そして女性がその答えを返すというキャッチボールを経て成立します。
男性は良くても女性が大勢の人に自分の気持ちを知られたくないという場合もあるので、それを無視して、大勢の人がいる場所で告白をすることは、デリカシーに欠けると思われても仕方ありません。

 

リスクは避けるのが、告白の大原則です。
そう考えると人がたくさんいるような、または近くに人がいるような状況での告白は最適とは言えず、むしろ避けるべき場所であると言えるでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加