もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

日常のささいなアピールが告白になる

スポンサーリンク

告白というのは、相手の女性を人気のないところに呼び出して、
「好きです。付き合ってください!」
とやることばかりではありません。

 

告白というのは、日常からのあなたという人間がどんな人間であることと、相手の女性に対する好意を伝えることから始まっているのです。


むしろ、自分のことがきちんと相手に伝わっていない段階で、つまり、まだあなたのことを相手の女性がよく知らない段階で、いきなり告白をしても失敗するのは目に見えています。

 

いきなり告白して、失敗してしまうくらいなら、前もって、自分の好意を相手の女性に伝えておけばいいのです。
そうすれば、相手に、あなたの気持ちを事前につたえることができてるので、いきなり告白して「あなたのこと知らないから」とは断られないわけです。

スポンサーリンク

そして、事前に好意を少しずつ伝えておくことによって、その過程で、会話をすることになりますので、少しずつ仲良くなっていき、やがては、「告白」というイベントを行っていないだけで、周りから見たら、もはや付き合っているも同然といった状態にさえ発展させていくことも可能です。

 

この付き合っているも同然という状態から告白すれば、もはやそれは、「互いの好意の確認」に過ぎず、ほとんどの場合、まず間違いなく、成功すると言えるでしょう。


告白は、告白自体のことを言うのではありません。
付き合うまでに、相手と接触するあなたの行動そのものが、すべて、あなたの好意を伝えるための大切な瞬間の積み重ねなのです。
告白だけに気合を入れる必要はありません。
しかし、逆にいえば、意中の女性と接するそのときそのときがすべて、重要だとも言えるわけです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加