もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

まずは貴男から心を開いていこう

スポンサーリンク

告白せずとも付き合っているのと同じ状況に持っていくことが、理想です。
告白せずに付き合っているのと同じ状況になれば、告白したとしても、それはもう成功したも同然でしょう。

 

つまり、告白自体よりもむしろ、告白するまでに相手の女性とあなたの関係をどのような関係に持っているけるかということが重要なのです。


会話を積み重ねていくことによって、
他人の状態→知り合いの状態→友達の状態→恋人同然
というように、より親密な関係に発展させていくことになります。

 

他人の状態よりも知り合いの状態にならなければ、元も子もありません。
知り合いの状態よりも友達の状態にならなければ、話題に幅が広がりません。
恋人同然の状態は、我々がめざすべきところで、なんとかこの状態には告白までに引き上げておかねばなりません。

スポンサーリンク

これらのそれぞの各状態の差はどこにあるかというと、それは、お互いがどれだけ心を開いているかにあると言えます。

 

お互いに心を開いて、どんなことでも話せる関係というのが、より上位の関係なのです。
そして、相手の心を開くためには、まずは貴男自身が、相手の女性に対して心を開かねばならないのです。

 

心を開くことというのは、つまり、ありのままの自分を見せるということでもありますから、自分に自信のない状態では、ありのままの自分を見せて、嫌われてしまわないかという不安がつきまとうものだと思います。


しかし、一度心開いて接してみると、嫌われるどころか、むしろ、心を開いた関係に相手の女性も心地よさを感じて、お返しにと、心をひらき返してくれることもおおおいのです。

 

お互いに心を開いて、そのままの自分を見せあえる関係というのは、相手の女性にとっても、とても貴重なものであるはずです。

 

まずは、自分から心を開くことが大切だと覚えておいてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加