もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

回りくどい告白は避ける

スポンサーリンク

告白に長文で挑む男性がいますが、どうしても回りくどくなってしまいますので、これはできるだけ避けるようにしてください。
告白をしている方は、緊張して言葉が上手く出てこず、それでも必至に女性に気持ちを伝えたいと思うからこそ長文になってしまうことがあります。
肝心の『好き』という言葉や『付き合って欲しい』という言葉を後回しにして、前置きが延々と続く告白、これは絶対に避けましょう。


女性は途中で気付いてしまいます、『あ、これから告白されるんだ』と。
そう思われたにも関わらず何分も、時には10分以上かけて思いを伝えられたら女性は辟易としてしまうでしょう。
いつどのタイミングで好きになってしまったとか、いつから気になっていただとか、どんなところが気に入っただとか、そういった細かいエピソードは告白が終わった後にするようにしてください。

スポンサーリンク

それを告白の前に持って来てしまうと回りくどい告白になってしまい、女性からしたら『早く最後の一文を!』と心の中で叫びたくなってしまうものなのです。
実際に、結局何が言いたいの?と言われてしまうかも知れません。
こういった回りくどい告白は、最後の一言がなかなか言えない男性や、女性に自分の気持ちに気付いて欲しいんだと切に願ってしまう男性によく見られます。


しかし、ここぞという時に勇気が出せない男性や、思ったことをハッキリと言葉にしない男性は女性にはあまり好かれません。
そういった性格の持ち主であったとしても、告白だけはシンプルに、そしてスパッと短く思いを伝えるようにしてください。
どんなに時間をかけても最終的には思いを伝えるわけですし、最後の一文を引き延ばしても結果は変わりません。
むしろ回りくどい告白によって気持ちが冷めてしまう女性もいるかも知れないので、告白は短めにまとめることを心がけた方がいいでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加