もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

告白するタイミングに気を付ける

スポンサーリンク

告白する直前に、少しその場の雰囲気を変えましょう。
無言の時間を作ったり、会話が続かないという状況を男性が作り上げると自然とそういった雰囲気になります。

 

二人が少しソワソワした感じと言ったらいいでしょうか。
そんな雰囲気になったら、思い切って告白をするタイミングだと言えるでしょう。


女性側も『これから何か大事な話があるのかな?』と思うはずです。
そういった気持ちになってくれれば男性の言葉に真剣に耳を傾け、その告白が本気であると受け取ってくれるはずです。
これが告白をするのに最も適したタイミングであると言えるのではないでしょうか。

 

二人で楽しい雰囲気で会話をしている途中に急に『付き合ってよ』と告白するのはどうでしょうか。
ひとつのテクニックとしてはあるかも知れませんが、急に言われた女性は恐らく『またまたぁ〜』という思いの方が強くなるでしょう。

スポンサーリンク

照れ隠しでこのようなタイミングで告白をする男性も多いようですが、女性に本気の気持ちを伝えたいと思うのであれば必ずしもベストなタイミングであるとは言えません。

 

ほんの少しの時間しか会えない日であれば会った直後に告白をしてもいいですが、もし1日中や半日程度の時間デートをする約束をしているのであれば、会ってすぐの告白はタイミング違いです。


告白のタイミングはあくまでも、二人が会っている時間が終わりに近づいた頃がベストであり、そのタイミング以外にはほぼ選択肢はないと思っておいてもいいでしょう。
告白後すぐに家路につけるような時間帯、つまり別れ際に告白をした方が成功した場合も失敗した場合も、そして保留をされた場合も動きやすいですし、相手にも余計な気を遣わせなくて済みます。
このタイミングだけは間違わないようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加