もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

告白の目的について考える

スポンサーリンク

そもそも告白の目的は何でしょうか。
告白をすること自体が目的になってしまっては、少し危険な気がします。
最も考えなければならないのは、告白は好きな人にお付き合いをしてもらうようお願いをすることである、ということです。
告白が最終目的になってしまっている人や、告白について考えているうちに自然とそういう方向へ向かってしまっている人は、少し気持ちをリセットしてみましょう。


告白はとても大事なことです。
イベントでもあり、一種の儀式のようなものでもあります。
そして少々大袈裟な表現かも知れませんが、人生を左右しかねない出来事でもあるはずです。
しかし、目的はあくまでもお付き合いをした後にあると心得ておきましょう。

スポンサーリンク

どういうことかと言うと、告白自体に重きを置き最終目的としてしまうと、OKを貰って恋人となった時に告白した時の気持ちや状況を持続しなければならなくなり、途中でしんどくなってしまうことがあるかもしれないということです。

 

告白にお金をかけ、凝った演出をして思いを伝えた男性が、その告白相手と付き合った途端に、もしくは少し時間が経ってからでもですが、その告白時の情熱を失ってしまうと女性もガッカリとしてしまうでしょう。


まさに釣った魚にエサをやらない状態になってしまうのです。
これは女性に対しても非常に失礼ですよね。

 

告白後もその勢いを続けられる自信があればいいのですが、そういう気持ちがあったとしても、一時的なもので実際は続きません。
告白の目的は思いを伝えお付き合いを始めてもらうことであり、そこで完全燃焼するわけではないということを念頭に計画を立てましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加