もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

告白に適した言葉

スポンサーリンク

告白は、言葉で伝えます。
どんな伝え方であろうとも、言語というものを使って伝えなければ相手にはなかなか伝わりません。
ということは告白に適した言葉というものもあると考えることが出来るのです。
告白に適した言葉は、『思いがストレートに伝わる言葉』と言うことも出来るでしょう。
女性にハッキリと好きだという思いが伝わる言葉であれば、それは告白に適した言葉であると言えます。


『好きです』という言葉は定番です。
日本語で最も気持ちを伝えるのに適した言葉ではないでしょうか。
語尾を変えたり方言があったりはするでしょうが、どんな形であればこの『好き』ということを言葉で伝えなければ告白とは言えないでしょう。
この言葉を省くことはおすすめしません。

スポンサーリンク

どうにかこのありきたりな言葉を避けて思いを伝えようと考えている男性は、少し思い直してください。
個性的な告白をしたいと考えるのはわかりますが、この言葉以上に思いをハッキリと伝え、そして女性の胸に響く言葉はそうそうないでしょう。
少し長めの文章を使って告白をすることもあるかと思いますが、それでもこの言葉の使用は省かない方がいいと思います。
そして『付き合ってください』という言葉も添えることになると思いますが、この言葉も出来れば他の言い回しにすることなく、そのまま使いたいところです。


言い方自体は色々とあるとは思います。
『付き合って欲しい』ですとか『付き合わない?』というのもなくはないでしょう。
この言葉の後に『好きだから』という言葉を繋げてもいいかも知れません。
『好き』と『付き合ってください』という言葉は告白には欠かせず、そして最も適した言葉であると考えておきましょう。
告白の言葉に迷っている人でもこれさえ伝えれば大丈夫です。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加