もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

結婚を意識したお付き合いを目的とする告白

スポンサーリンク

いい加減な気持ちで告白をする男性は、あまり多くはないと思います。
ですが、『とりあえず付き合ってみてもいいかな』という気持ちで告白をするのと、『この人といずれは結婚したい』と思って告白するのとでは、意味と意気込みが変わってくるでしょう。
前者の思いを否定するわけではありませんが、告白をする時には、是非後者のような気持ちを持っていて欲しいものです。


しかし、結婚を意識したお付き合いを目的とする告白でも、特別なことをする必要はないのではないでしょうか。
好きだという思いを伝えることを強く意識すれさえすれば、それで十分良い告白になると思います。
結婚を視野に入れていようがいまいが、告白の仕方自体にはさほど違いを明確にする必要はないでしょう。

スポンサーリンク

恋人になる前に、恋人になって欲しいと思って告白をする際、むしろ『結婚』という言葉はあまり出さない方がいいかも知れません。
気持ちは確かに伝わります。
いい加減なお付き合いではなく、それなりに本気であるという思いを伝えることは出来ると思いますが、そういったことは胸の内に秘めておきましょう。
結婚を告白の段階で意識させてしまうと女性側もうろたえます。

スポンサーリンク

『付き合ってみなければわからない』と思う女性がほとんどですから、告白にそこまでの意思表示をするのは避けた方がいいでしょう。

 

『結婚を前提にお付き合いしてください』という言葉はつまり、控えた方がいいということです。

 

お見合いや婚活で知り合った女性に改めて告白をする場合などにはまだ通用するかも知れませんが、それ以外の場面ではこの言葉はそぐわないでしょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加