もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

軽い感じの告白は本気と思われない?

スポンサーリンク

告白を適当に済まそうとしていないでしょうか?
決して心の中は適当ではなく本気であっても、女性にとって適当に感じられてしまうような告白であれば、本気の告白とは思われない場合もあるかもしれません。
気を付けましょう。


『歩きながら軽い感じで告白する』、『カフェでお茶でも飲んでいる最中に、これまた軽い感じで告白する』、『お買い物に付き合って欲しいというお願いと似たような雰囲気で告白する』、『「付き合ってみない?」という軽い言葉と取られてしまうような告白をする』など、軽い感じの告白と言えるものは意外と多くあるでしょう。

 

これらの告白をしてしまう理由の中には、女性と本気で付き合いたいと思っていないという理由の他にも、例えば真剣に思いを伝えるのは恥ずかしいとか格好悪いとか柄じゃないとか思っている人もいるかもしれません。

スポンサーリンク

女性のことを本気で好きではないのは問題外ですが、本気で好きなのであれば恥だとか柄ではないとか、そういった理由は捨ててください。
相手の女性に本気だと思われなければ、それは告白だとは言えません。
本気の思いが伝わってこそ告白なのです。


気を張るのが面倒だから軽い感じの告白でごまかしてしまおうという考えの人は、もう一度考え直してみましょう。
気合いを入れ過ぎても空回りしてしまいますが、あまりにも軽い告白は冗談だと受け取られてしまう可能性もあるので、せめて告白の瞬間だけは真剣に伝えるようにしてくださいね。

 

もし軽い伝え方になってしまったと思ったら、すかさず『本気だから』などという言葉を真面目に言いながら添えるようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加