もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

自分の言葉で告白する

スポンサーリンク

普通に生きていれば他の人の告白の言葉を目にしたり、耳にしたりすることがあると思います。

 

ドラマや恋愛漫画や映画がその代表的な存在であると言えるでしょう。
ドラマや恋愛漫画や映画では脚本家や、漫画家が必死で考えて練った台詞が使われたりします。
時には感動を呼び、時には『ちょっとクサいな』と思うこともあるかも知れません。


バラエティ番組などでも告白をするシーンはよくあります。
お見合い企画などでは最後に男性が自分の持っている知識を振り絞って言葉にし、女性に思いを伝えるのが定番です。
どんなに良い台詞をドラマや恋愛漫画や映画で見たり聞いたりしたとしても、それをそのまま自分の大切な告白には使わないようにしましょう。
告白はあくまでも自分の言葉で思いを伝えることが重要です。
誰かの台詞を拝借したりせずに、自分の言葉を使ってください。

スポンサーリンク

というよりも映画、ドラマ、漫画のように台詞っぽい告白をする必要はないんです。
あれは現実世界ではかなり浮いてしまいますし、そういった告白をあまり好まない女性も非常に多いです。
告白はプロポーズともまた違いますから、告白に関してはシンプルに、そして変にこねくり回して格好付けたりせずに気持ちを伝えましょう。


誰かの告白の言葉を使い、それを女性が知っていたらそれこそ最悪です。
自分の言葉を持てない男だと思われたらその告白が上手くいくこともないでしょう。

 

自分の素直な気持ちを言葉にすれば、それが自分の言葉になります。
そのまま飾り付けをせずに女性に伝えるようにしてください。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加