もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

相手の女性に返事をする時間を与える

スポンサーリンク

告白をしたらすぐに答えが欲しいと思うかもしれませんが、そこは我慢をするようにしてください。
告白は相手の返事をもらうまでが告白です。
ということは、自分の気持ちを伝えるだけではなく、相手の女性の気持ちを伝えてもらうことで成立するということです。


二人の気持ちを交換し合って、はじめて告白が成り立つのです。

 

告白をしたら女性からの返事をせかすのではなく、女性にじっくりと考えてもらい確かな答えが貰えるようにしましょう。
それも告白をする時に男性が考えておかなければならないことです。

スポンサーリンク

場合によっては、少し時間が欲しいと女性に言われることもあるかも知れません。
数日なのか数週間なのかわかりませんが、じっくりと考えてから返事をしたいと考える女性も当然いるでしょう。
そんな場合でもすぐに返事が欲しいと言うのではなく、いつまでも待つというスタンスを示してください。
女性が男性の告白に対して回答するのを待ってくれ、時間が欲しいと申し出て来た場合は、それなりに脈があるということです。
付き合う気がハナからないのであれば、返事を保留する必要はないのですから。


告白後、例え数日間、数週間返事がなかったとしても返事の催促をするようなことを言ったりメールを出したりするのは控えましょう。
もしあまりにも長い間返事がもらえなかった場合は、暗に断られたのだと判断してください。
しつこく返事を聞き出そうとするのは、気持ちはわかりますが男を下げます。
諦めきれないのであれば、また改めて告白をするなりしましょう。
それが最も男らしく潔い対応の仕方であると言えます。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加