もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

ドラマのような告白について

スポンサーリンク

ドラマのような手の込んだ、もしくは小洒落た言い回しの告白をしてしまう男性は気を付けてください。
ロマンチックな女性であればそれでもいいかも知れませんが、そういったドラマのような演出の告白を好きな女性というのはさほど多くはないのが現状のようです。
むしろ恥ずかしいと感じてしまい、引かれてしまう可能性の方が高いと言えるでしょう。


現実の告白にはドラマのような演出は必要なく、あくまでも現実社会でのリアル感を大事にした告白に徹した方が相手に与える印象もいいはずです。
至って普通の告白をしたとしても『もうちょっと凝った告白をして欲しい』と思う女性はまずいません。
いたとしてもかなりの少数派なので確率的には普通のリアルな告白をした方がいいでしょう。

スポンサーリンク

敢えて確率の低いところを攻める必要はないのです。
告白をする立場にある男性からしたら考えれば考えるほどわからなくなり、つい参考にしてしまいがちなのが、ドラマのような告白です。
しかし、あれはドラマだから成り立っていると考えてください。
現実世界ではそぐわない告白内容であることも多いので、参考にしないことをおすすめします。


告白する場所などもそうです。
敢えてドラマの設定のような場所を選ぶ必要もないでしょう。
男女間の距離を取って、遠方から大声で叫ぶような演出も不要です。
言葉もよく聞こえますしお互いに恥ずかしい思いをしなくて済みますから、普通に近くで話した方が良いです。
女子との会話で明らかにドラマのような恋愛に依存していたり、夢を見ている女性に告白するのであれば多少の演出は必要になるかも知れませんが、相手が普通の女性であるならば、危険を冒してまでドラマのような告白にこだわるのは止めておきましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加