もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

告白に第三者を利用しない

スポンサーリンク

これは通常では当たり前のことなのですが、告白は必ず自分自身で行いましょう。
緊張に耐えられない、上手く伝えられるかわからない、NOの返事が返ってくるのが嫌だ、他にも理由はあるかも知れません。
ですが、どんな理由であれ、告白は第三者に委ねずに自分の口で伝えるようにしなければなりません。


好きな女性との間に共通の友人がいる場合、その友人を介して好きな女性に思いを伝えるという方法は非常に楽ではあります。
ですが、告白をされる女性からするとあまりいい気はしないでしょう。
噂が広まり自分の気持ちが女性に伝わってしまったというのであれば、また状況は違うでしょうが、告白という大事なイベントを人に任せるというのは男性としてはあまり良いことであるとは言えません。
むしろ悪い印象を与えるキッカケにもなってしまうので、この選択肢はまず除外してください。

スポンサーリンク

少し話が飛躍しますが、メールや手紙で告白をすることも言わば第三者を介しての告白と言えるのかも知れません。
携帯電話の会社や郵便局を通して思いを告げているわけですからね。
ここまで神経質になる必要はないかも知れません。
ですが、間に何人たりとも挟まずに、自分の口から好きな人への耳へ直接好きだという気持ちを言葉に載せて届けることが、告白としては最も重視すべきことなのではないでしょうか。


決して楽をせず、そして色々な思いから逃れることのない告白方法を選択すべきです。
それと同時に、好きな女性に好きな人がいるのかどうかも第三者を利用することなく、自分の口で聞くようにしたいですよね。
伝言ゲームでは情報が正確に伝わらないこともありますから、確かな情報を得る為にも好きな人と直接会話をするようにしましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加