もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

ありきたりな告白をすることについて

スポンサーリンク

過剰な演出をして相手を引かせてしまうくらいなら、ありきたりな告白を選んでください。
好きです、付き合ってください
これのみで大抵思いは伝わります。
直接向かい合って告白をするならば尚更この程度のありきたりな告白の方がいいでしょう。


この言葉の後に、いつから気になっていたかなどの細かい話をしていけばいいわけです。
その前にすぐさま女性からの返事が返ってくるかも知れませんが、それはそれで構わないでしょう。
ありきたりな告白を恥ずかしがったり抵抗を感じたりする必要はありません。
相手の女性を本気で好きであればあるほど何とか凝った演出で、そして気取った言葉で思いを伝えたくなるのが男性ですが、そこはグッと我慢をし、シンプルでありきたりな告白を敢えて心がけてください。

スポンサーリンク

最も重要となるのは『誰が誰に告白をするのか』ということなんです。
例えありきたりな告白だったとしても女性からしてみたらその言葉よりも誰に告白をされたかということに重きを置きます。
好きな人から告白されれば当然嬉しいわけですし、好きではない人から告白をされれば嬉しいかも知れませんがお付き合いはできないという判断をします。


つまり、告白の言葉というのはさほど大きな要素にはなってこないのです。
プロポーズはまた別の要素が絡んで来ますが、告白というイベントに限っては大きな演出や仕掛けというのは無い方がいいでしょう。
演出を加えたとしても結果は変わりません。
女性が好きであればカップル成立、好きでなければ玉砕、これだけです。
告白に慣れていなければいないほど、ありきたりな告白を目指してみましょう。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加