もてる男が告白の仕方に悩む男性に告白の方法や注意点を教えます

一度失敗したからといって諦めるのはもったいない

スポンサーリンク

意中の女性とつきあうためには、勇気をもって告白をして、そして、相手もそれに対してオッケーを出してもらわなければいけません。

 

告白するということは、「付き合うってくれるかどうか」という二択を相手の女性に対して迫ることであり、当然、その答えが、頑張って告白した男性にとっては、残念な結果になることもあるのです。
つまり、
「ごめんなさい。付き合えません。」
ということですね。


多くの片思いに甘んじてきた男性は、このような事態を恐るがあまりに、告白すらもできずにきたかもしれません。
たとえ、失敗に終わったとして、告白する勇気をもたず、片思いに甘んじてしまうよりも、自分の気持ちをきちんと伝えるということは、男らしいことですし、かっこいいことなのです。
告白をしたという事実に誇りをもってよいでしょう。

スポンサーリンク

そして、一度告白して、自分の好意が相手の女性に伝わっているからこそ、それまでと関係をステップアップさせることもできるのです。
相手の女性はあなたの好意を知っているわけですから、やはりどうしても意識してしまうものでしょう。

 

意識をしてくれるということは、頭の中にあなたがいるということであり、そのことによって、だんだんと相手の女性もあなたに好意をいだくようになるということもあるのです。
しかし、かといって、女性からしたら、一度断った手前、自分からあなたに告白するまでに至るということはできないのです。


ですから、一度や二度告白が失敗したからといって諦めてはいけません。
たった一度や二度失敗したからといって諦めるのはとてももったいないことです。
たとえ告白を断られたことがあっても、適度にアプローチしながら、タイミングを見計らって、あなたから複数回告白するということも必要なのです。

スポンサーリンク

記事の内容は気に入っていただけましたでしょうか?

もしも当記事を読んで気に入って頂けましたら、
ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますと非常に嬉しいです。

このエントリーをはてなブックマークに追加